Page: 1/1   
めるまが+Eva No.12
0

     _____________________________

     ----------------------------------------------------------
    ┏━━━━━━━━━┓
     ♪ めるまが+Eva ♪     No.12  2011.12.26
    ┗━━━━━━━━━┛
    ------------------------------ http://eva.chu.jp/ --------

     ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄

    1.いいもの見つけましょ♪♪♪【猫原千恵】
    2.めるまがって・・・・・【小林由木】 
    3.楽しい行事をもっと最高に☆【マリコ】
    4.最後のヒトコト

    ━┓━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
    1┃ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
      いいもの見つけましょ♪♪♪【猫原千恵】
    ---------------------------------------------------------

    道草編として猫原千恵が愛用している、
    『おトクサイト』をご紹介します♪

    これは、嬉しい〜(*^^*)
    おすすめ情報じゃぁ♪♪♪

    ▽▼勝手に激安SHOP紹介 道草編【猫原千恵】▼▽
    http://mailmagazine.eva.chu.jp/?eid=952951


    ━┓━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
     2┃ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
       めるまがって・・・・・【小林由木】 
    ----------------------------------------------------------

    今回、記事を書くにあたって、
    ブログとめるまがを比較してみました♪♪♪

    我が劇団主宰の小林由木が、
    めるまがについて考えてみた!!

    ▽▼連載企画 No.ゼロ【小林由木】▼▽
    http://mailmagazine.eva.chu.jp/?eid=952949


    ━┓━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
    3┃ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
       楽しい行事をもっと最高に☆【マリコ】
    ----------------------------------------------------------

    私にとっては至福の喜び☆☆☆
    飲食情報通のマリコが、
    素敵なお店とお料理と、素敵な・・・・

    もぉ〜☆盛りだくさんご紹介♪♪♪

    ▽▼くいしんぼマリコのお店探訪【マリコ】▼▽
    http://mailmagazine.eva.chu.jp/?eid=952950


    ----------------------------------------------------------


    ┏━━━━━━━━━┓
      最後のヒトコト♪ 
    ┗━━━━━━━━━┛

    今年(兎年)もあとわずかですね。。。    
    皆様、メルマガをご愛読いただき、誠にありがとうございます☆ 
    我が劇団は、来年(辰年)もぐんぐん登って行きたいと思います!
    ということで、来年の公演が決定いたしました!!

    <公演予定>7月18日〜
    何としても今のここを抜け出したい。
    この制約ばかりのスペースから羽ばたきたい。
    僕は何かを持っているはずなんだ、
    こんなところに押し込められているだけでは
    済まない何かを持っているに違いないんだ。
    ですから、どなたか僕がここからはい出るための
    手助けをしてください。
    だって、僕はこんなところで収まるわけのない、
    僕自身について、何も覚えていない
    のですから・・・。

    そんな青年Aはいったいどこに行きついたのか?
    制約の安堵と自由の不安を語る小林由木、本気の問題作。

    次回公演も乞うご期待ください!!

    皆様、来年もぜひ劇団Evaを、よろしくお願いいたします。
    辰年も皆様にとって、素敵な1年でありますように☆
    くれぐれもお身体に気をつけて、
    元気良く皆様とお会いできますよう、
    Eva一同楽しみに劇場にてお待ちしております☆☆☆
    《 Your day’s + Eva 》


    次回「めるまが+Eva No.13」でお会いしましょー。

     ____________________________

     ----------------------------------------------------------


    ○●○アドレス変更・配信停止○●○

    http://eva.chu.jp/modules/about/index.php?content_id=4


     ●○●ご意見・お問合せ○●○

    eva@zr.chu.jp


    発行:Eva事務局

     

    ----------------------------- http://eva.chu.jp/ ---------

     ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄

    | eva-magazine | 08:30 | - | - | - | - |
    勝手に激安SHOP紹介 道草編
    0
      ご無沙汰の猫原です。
       
      今、コレを、とあるビジネスホテルの一室で書いている。

      このホテル、シングル1泊3,485円也。

      しかも、「24時間ゴロ寝プラン(チェックイン13:00、チェックアウト翌日13:00)」

      という、連泊すればまるで第2の我が家

      食事はついていないのだが、1Fにレストランがあり

      地元の食材を使ったお惣菜1品どれでも100円!

      雑穀ゴハン150円と好きなおかず3品を合わせれば定食450円!!と安い。

      隣のフィットネス無料利用までついていて、いたれりつくせりな宿泊である。

      というように、私は衣装だけでなく全てにおいて「お得センサー」が張られているのダ。

      長い前置きになったが、道草編として私が愛用しているおトクサイトをご紹介します♪


      ◎レンタカーがオススメ!「トクー!トラベル」
      http://www.tocoo.jp/

      実はあらかじめ宿泊地などの目的を持って探す場合は
      他のサイトとあまり差がない。
      ただ、「旅がしたい♪」というようにボンヤリと宿を探す時や
      「今日、明日の宿を探す!」といった場合は超低予算の宿泊が可能。

      今回、このホテルを予約したのもこのサイトなのだが、
      「ゴロ寝プラン」は他サイトになかったからである。。
      リアルなお買い物同様、お得のタメには「比較」という一手間は欠かせない。

      このサイトのオススメはレンタカー。
      キャンペーンやプランに合わせて旅の日程を合わせられれば、断然安い!
      今回の予約もウィークエンドプランで41時間レンタルし、
      保険料、ナビ、ETC込み6,060円


      ◎ポイントの3重取り!「ECナビ」
      http://ecnavi.jp/

      支払いをクレジットカードにすると
      クレジットカードのポイントが貯まる。
      コレはよく聞くお話ですが、このサイトから楽天などの
      おなじみのNetショッピングをすると
      楽天Point+クレジットPoint+ECナビPoint
      が貯まるんですねー!
      提携しているショップ(サイト)が豊富なので
      いつもの買い物に+ができちゃいます。


      ◎アンケートでプチこづかい「リサーチパネル」
      http://research-panel.jp/

      アンケートサイトは幾つか登録しています。
      このサイトの報酬?はECナビポイントです。
      (ちなみにECナビポイントは他サイトのポイントに移行して現金化してます。)
      中には指定された場所へ行き、実際にモノを見比べたりして感想を述べるタイプの
      「会場調査」の募集もあったりします。
      これらに参加した場合、1時間で1万円くらいになったりもします♪


      てなカンジで。

      他にもポイントを一括管理してくれるサイトや

      銀行口座やクレジットカードの管理・ログインをしてくれるフリーソフトなど

      ご紹介したい便利サイトも多々あるのですが、また道草編で。。
      | eva-magazine | 23:56 | - | - | - | - |
      くいしんぼマリコのお店探訪
      0
         早いものでもう十二月です
        2011年もあと少しで終わろうとしています。

        サンタクロースと共にこんにちは。Evaのマリコです。

        メルマガ読者の皆様におきましては、
        きっと忘年会とか、クリスマスとか、たくさんの楽しい行事を過ごされていることと思います

        かくいう私も、忘年会とクリスマスの波に押され、
        毎日楽しく素敵な人たちとお酒を飲ませていただいております。

        怖いのは財布の中身と、体調、体重・・・・

        でも、食べて飲んでって、私にとっては至福の喜びの一つなので
        なんだかんだちまちま気にしながら

        『また何か食ってる!!』

        とみんなにいじられながら幸せに過ごしていくと思います


        さてさて、タイトルの通り、今回は素敵なお店をご紹介
        Evaの役者陣も何回も美味しいお酒とワインをいただきました

        高田馬場
        『ヴィノーブルカフェ』


        こちら、オーナーソムリエの松下氏

        実はこのお店はEvaでずーっと音響を担当してくださっているおねー様のご紹介のお店
        その御縁でオーナーにも、Eva舞台を見ていただくことができ、
        何回か公演を見ていただいて
        「Evaの後援会長になる」という、
        我々にとって非常にうれしい発言をしていただきました

        以来、色んな時にこのお店を利用させてもらってます

        ソムリエの松下さんの選ぶワインはもちろん
        お料理もこだわって作っていて、冷凍物は使わずすべて自家製なんだそうですよ
        中でも私がいつも食べるのがこちら


        フランス、アルザス地方のピザ、タルトフランべ
        クリームチーズのピザなので、赤ワインにも白ワインにもあう~

        今回訪れた時は季節がらこんな料理もありました

        ライチョウのテリーヌ

        キジのラビオリ


        ライチョウとか、キジって?思いますよね。
        これは『ジビエ』というお料理。

        豆知識
        ジビエとは、フランス語で、狩りで捕獲して食用にするウサギやシカなどの
        野生動物を意味し、これを用いた料理をジビエ料理という。
        秋から冬にかけてのフランスの代表的な食材です

        この季節になるとワインを飲む方は『ジビエ』食べたいーって思うそうです

        もちろん私は初めて食べました。
        ウサギとエゾシカは品切れだったのでライチョウとキジの料理です
        ライチョウは日本では天然記念物で食べられないから
        もちろんあちらの国のものですよ(笑)
        独特の獣臭がするのですが、赤ワインとあう感じ。

        たくさん魚介の旨みが詰まった『ブイヤベース』

        食べ終わったらリゾットにしてくれる
        このリゾットがまたたまらなく美味しいんですよー
        ご飯が魚介の旨みを吸ってサイコーです


        鴨のコンフィー
        パリッと焼かれた皮目も美味しい

        私がワガママをいって持ち込んだ広島生牡蠣
        三種類のソースがそれぞれ美味しくて絶品

        ケッパーがたくさん入った牡蠣のムニエル
        うまーい。何個でも食べれちゃう

        ソムリエ松下さんに選んでいただいた牡蠣に合う白ワイン
        Chateau Mercian 萌黄'10
        日本のワインなんですけど、余計なものが入ってない感じで
        すいすい飲めちゃう。イカンイカン

        広島牡蠣については次の機会にまた詳しく
        メルマガでお知らせいたしますので乞うご期待

        皆様いかがでしたか~
        高田馬場の素敵ビストロ、『ヴィノーブルカフェ』
        気になったあなたはぜひぜひ
        2012年新年会などで行ってみてはいかがでしょうか?
         もしかしたら、Evaの役者がいる…かも。

        ちなみにランチもやってて、ランチはとってもお値打ちですよー
        コーヒーも美味しいし。

        では皆様、よいお年をお過ごしくださいませ。
        2012年のメルマガにておあいしましょー


        | eva-magazine | 18:28 | - | - | - | - |
        連載企画 No.ゼロ
        0

           今回、メルマガで記事を書くことになった時、ちょっと考えた。

          メルマガによく記事を書いているメンバーは、連載コーナー的なモノを持っている。

          私の場合はというと、過去メルマガ発行時は、
          何かしら書くべきこと(主宰としての挨拶とか、作・演出としての所感とか)
          の指定を受けて記事を書いていたので、特に困らなかったのだが、
          今回は特にそういうことがない。

          じゃあ、私も連載コーナーを持とう、と考えてみた。

          メルマガに記事を書く場合、例えば、ブログ記事と比較した場合、
          以下の3つのポイントがある。
          それをもとにメルマガ連載記事の内容を考えてみようと思う。

          1.一応メルマガを送られた人しか読めないようになっている、クローズドの記事であるので、多少過激なことが書けること


          2.一応、メアドを教えてくれた時点で、多少なりとも「Evaに興味がある」人たちだけが読んでいると思われ、多少なりとも、「ファン」向けの内容でもよいこと


          3.一応、ウチの広報担当、チャン★ケイから指定を受けたら、今後、何が何でも書かねばならないから、一回完結型の記事よりも、続きで書けちゃうヤツの方がラクなこと

          まあ、すべて「一応」付だがこの3点だと思う。

          それぞれ検証してみる。

          1についてはその通りなのだが、ただ、システム的には「完全にクローズド」ではない。
          メルマガを受け取ってない人でも、無理に見ようと思えば見れる。
          いったん過激な記事を書き始めると、私は調子にノリそうである。
          そして、何かの拍子によからぬ誰かに見られて、私がひどい目にあう、
          ということも可能性としてはありえる。
          それは嫌だ。ひどい目に合うのは嫌だ。
          なので、この1は、連載記事を考える上で、ポイントとして無視する。

          2も、正直あやしいと言えば、あやしい。こっちの方があやしいかもしれない。
          しかし、私は信じる! このメルマガを読んでいるみなさんが、Evaを大好きであることを。いや、「大好き」までではないにしろ、ちょっと好きということを…。
          いや、もはや好きでもないかもしれないが、少なくとも興味は持ってくれていることを…
          まあ、とにかくここは「信じる」ということで、連載コーナーの要素として考慮する。
          Evaに関するかなりコアな内容でもよいこととしちゃう。

          3は、もう、その通りで、これは最重要。ウチの広報担当は厳しいのだ。
          ちゃんとやらないと、大変な目に合う。
          ぶっちゃけブログは2〜3年更新しなくてもいいが…、いや、ダメだ、ダメですけど、
          仮にそうなったとしても死にはしないが、メルマガの締め切りを1日でも遅れたら、
          殺されてもおかしくはない。
          死ぬのはいやだ。だから、包括的なテーマでくくられているものの、
          企画は1回1回考えなければいけないタイプのコーナーより、ただただ続いて行く、
          連載小説のようなものがいい。そうすれば、毎回続きの部分を書けばいいわけだから、
          「今回は何を書こうかな」と企画から考えなくていい。
          とにかく効率よく記事が書けるように考えておかないと、殺されてしまう・・・。

          で、結局いろいろ考えて、Evaの沿革(発足から現在までの歴史)
          を連載風に書いていくのはどうだろう?と言うことなった。私の中で。

          と、いうことで、もう始めます。勝手に。

          ちなみに、このEvaの足跡の記録は、あくまで小林目線である。
          つまり、小林が現場にいなかった時期のことは想像、および伝聞、感想などになる。

          本来、表現者がそのバックグラウンドを晒すことはあまりよろしいことではない。
          が、これは限られたファンへのサービスであるから、自戒を破ろうと思う。

          劇団の興行というものの中には、バックグラウンドを知っているからこそ
          楽しめる部分もあるかもしれない。
          でも、ほんとにそれは限られたファンに対する
          「Eva好き」だから許されるサービス
          と限定したい。

          だから、これを読む方は、ぜひ、この連載を読むときだけでも、
          そのつもりになってくれればと思う。

          そうして本当にファンになっていただければ。

          前置きが長くなりました。次回から始めます。

          ※これは、私の思いつきで始める!と書いちゃった記事です。
          他のメンバーの意見によりこの連載は中止になる可能性もあります。
          その場合は素知らぬ顔で、しゃあしゃあとまた次から別の連載を始めますので、
          皆さん暖かく見守ってください。

          | eva-magazine | 11:47 | - | - | - | - |

          Calendar

                1
          2345678
          9101112131415
          16171819202122
          23242526272829
          3031     
          << December 2018 >>

          Profile

          Search

          Category

          Feed

          Others

          無料ブログ作成サービス JUGEM

          Mobile

          qrcode