Entry: main  << >>
連載企画 No.ゼロ
0

     今回、メルマガで記事を書くことになった時、ちょっと考えた。

    メルマガによく記事を書いているメンバーは、連載コーナー的なモノを持っている。

    私の場合はというと、過去メルマガ発行時は、
    何かしら書くべきこと(主宰としての挨拶とか、作・演出としての所感とか)
    の指定を受けて記事を書いていたので、特に困らなかったのだが、
    今回は特にそういうことがない。

    じゃあ、私も連載コーナーを持とう、と考えてみた。

    メルマガに記事を書く場合、例えば、ブログ記事と比較した場合、
    以下の3つのポイントがある。
    それをもとにメルマガ連載記事の内容を考えてみようと思う。

    1.一応メルマガを送られた人しか読めないようになっている、クローズドの記事であるので、多少過激なことが書けること


    2.一応、メアドを教えてくれた時点で、多少なりとも「Evaに興味がある」人たちだけが読んでいると思われ、多少なりとも、「ファン」向けの内容でもよいこと


    3.一応、ウチの広報担当、チャン★ケイから指定を受けたら、今後、何が何でも書かねばならないから、一回完結型の記事よりも、続きで書けちゃうヤツの方がラクなこと

    まあ、すべて「一応」付だがこの3点だと思う。

    それぞれ検証してみる。

    1についてはその通りなのだが、ただ、システム的には「完全にクローズド」ではない。
    メルマガを受け取ってない人でも、無理に見ようと思えば見れる。
    いったん過激な記事を書き始めると、私は調子にノリそうである。
    そして、何かの拍子によからぬ誰かに見られて、私がひどい目にあう、
    ということも可能性としてはありえる。
    それは嫌だ。ひどい目に合うのは嫌だ。
    なので、この1は、連載記事を考える上で、ポイントとして無視する。

    2も、正直あやしいと言えば、あやしい。こっちの方があやしいかもしれない。
    しかし、私は信じる! このメルマガを読んでいるみなさんが、Evaを大好きであることを。いや、「大好き」までではないにしろ、ちょっと好きということを…。
    いや、もはや好きでもないかもしれないが、少なくとも興味は持ってくれていることを…
    まあ、とにかくここは「信じる」ということで、連載コーナーの要素として考慮する。
    Evaに関するかなりコアな内容でもよいこととしちゃう。

    3は、もう、その通りで、これは最重要。ウチの広報担当は厳しいのだ。
    ちゃんとやらないと、大変な目に合う。
    ぶっちゃけブログは2〜3年更新しなくてもいいが…、いや、ダメだ、ダメですけど、
    仮にそうなったとしても死にはしないが、メルマガの締め切りを1日でも遅れたら、
    殺されてもおかしくはない。
    死ぬのはいやだ。だから、包括的なテーマでくくられているものの、
    企画は1回1回考えなければいけないタイプのコーナーより、ただただ続いて行く、
    連載小説のようなものがいい。そうすれば、毎回続きの部分を書けばいいわけだから、
    「今回は何を書こうかな」と企画から考えなくていい。
    とにかく効率よく記事が書けるように考えておかないと、殺されてしまう・・・。

    で、結局いろいろ考えて、Evaの沿革(発足から現在までの歴史)
    を連載風に書いていくのはどうだろう?と言うことなった。私の中で。

    と、いうことで、もう始めます。勝手に。

    ちなみに、このEvaの足跡の記録は、あくまで小林目線である。
    つまり、小林が現場にいなかった時期のことは想像、および伝聞、感想などになる。

    本来、表現者がそのバックグラウンドを晒すことはあまりよろしいことではない。
    が、これは限られたファンへのサービスであるから、自戒を破ろうと思う。

    劇団の興行というものの中には、バックグラウンドを知っているからこそ
    楽しめる部分もあるかもしれない。
    でも、ほんとにそれは限られたファンに対する
    「Eva好き」だから許されるサービス
    と限定したい。

    だから、これを読む方は、ぜひ、この連載を読むときだけでも、
    そのつもりになってくれればと思う。

    そうして本当にファンになっていただければ。

    前置きが長くなりました。次回から始めます。

    ※これは、私の思いつきで始める!と書いちゃった記事です。
    他のメンバーの意見によりこの連載は中止になる可能性もあります。
    その場合は素知らぬ顔で、しゃあしゃあとまた次から別の連載を始めますので、
    皆さん暖かく見守ってください。

    | eva-magazine | 11:47 | - | - | - | - |

    Calendar

       1234
    567891011
    12131415161718
    19202122232425
    262728293031 
    << May 2019 >>

    Profile

    Search

    Category

    Feed

    Others

    無料ブログ作成サービス JUGEM

    Mobile

    qrcode