Entry: main  << >>
「涙野獣」ご来場ありがとうございました
0

    今回「涙野獣」、ご来場いただいたお客様、まことにありがとうございました。

    毎回、毎回、思うのですが、ご来場いただいたお客様はもちろんのこと、参加してくれたキャストやスタッフにも感謝の言葉以外何もないな、と思う次第です。

    感謝してる、感謝してる、と口で言うのはいくらでも言えますが、それを行動で返そう、と思うとなかなか難しいものではあります。

    そうした行為があるとすれば、お客様やかかわる人たちに何かしらを与えるために、また、芝居を創る、ということだけかもしれません。
    で、またやると、感謝して、またやることを約束する。
    きっと、この繰り返しです。

    僕が芝居を始めたきっかけは、ただ、目立ちたがり屋だったからです。
    いろいろ思うところはありますが、しかし、それ以外にきっかけと言えるものはなかったと思います。

    ただ、目立ちたいだけで始めましたが、20年くらいやってると、それまで関わってきた人たちのおかげで、自画自賛ですが、それなりに評価されるものを創れるようになりました。

    今、僕が少しでもクオリティの高い芝居を創ろうとすることは、そうした人たちへの感謝の行為。
    で、また、新しい人たちが見に来てくれていて、その人たちが「楽しかったよ」と言ってくれたことへの感謝として、また、次の作品を作り始める。 僕の今のEvaに関しての最低限の責務と思っているのは、だから、「継続すること」です。

    カラダが動かなくなるまで、あ、動かなくなっても今回みたいな役はできるかもしれないから、もしかしたら一生、続けるということです。

    その決意を持って、今回ご来場いただいた方への、感謝に代えさせていただきたいと思います。本当にありがとうございました。



    生涯一演劇人 小林由木
    | eva-magazine | 13:32 | - | - | - | - |

    Calendar

        123
    45678910
    11121314151617
    18192021222324
    252627282930 
    << November 2018 >>

    Profile

    Search

    Category

    Feed

    Others

    無料ブログ作成サービス JUGEM

    Mobile

    qrcode