Entry: main  << >>
2015年 あけましておめでとうございます
0
    新年あけましておめでとうございます。
    本年もEvaをどうぞよろしくお願いいたします。

    と、いうのを、年の瀬の12月31日に書いています。

    ネタバラシです。

    そして、この年の瀬、この文章を書く直前まで、脚本の修正をしておりました。

    脚本が完成していなければ、私、小林に、年末も年始も、「紅白」も「笑ってはいけない」も、初詣も初日の出も、何もないのであります!

    全ては次回のお芝居で、お客さまに喜んでいただくため、やり切ろうと、がんばっている次第です。

    つって。

    年始のご挨拶で言うことではないですが、最近は、こんな自分自身に「よくやってるな」とねぎらいの言葉をかけられるようになりました。

    もともと何でも一生懸命やってしまう方なので、がむしゃらにやって「さらにもっと」と思ってしまう。また、自分に自信もないので、「これではダメだ」と思ってしまう、という風な感じでした。

    最近になって、やっと、「自分を褒める」まででなくとも、折に触れ「自分をねぎらう」くらいはできるようになったのかと。

    いつもEvaはお客様に新しい価値を、劇場に入る前と後で、風景が変わるようなお芝居を、と思って作品を創っています。

    でもそれは、今までの価値観をひっくり返すような何か、ではなくて、「今のままの自分でいいんだよ」というメッセージの場合もあるかもしれません。

    「もっともっと」と刺激と成長を求める誰かに対して、「そのままでいいんだよ」と気づいてもらうのも、新しい価値の伝達です。

    そうやって、ありのままの魂を優しく礼賛する作品を、今後も創っていきたいな、と思った、すげえバタバタしている、大晦日でした。

    来年も、私どもEvaを、何卒よろしくお願いいたします。





    Eva主宰 小林由木

     
    | eva-magazine | 23:23 | - | - | - | - |

    Calendar

      12345
    6789101112
    13141516171819
    20212223242526
    2728293031  
    << May 2018 >>

    Profile

    Search

    Category

    Feed

    Others

    無料ブログ作成サービス JUGEM

    Mobile

    qrcode