Entry: main  << >>
ご観劇ありがとうございました
0
     皆様、Eva夏公演「雨音がブルース 〜父と娘の探偵物語〜」にご来場いただきまして、まことにありがとうございました。

    公演が終了してから、もう、2週間が経った訳ですが。

    私は、久しぶりに本のつかの間のお休みを・・・、と言いたいところですが、「続き」を執筆するための資料を読破しているところであります。

    さて、それで、「世界の秘密結社」的な関連で、いわゆる「陰謀論」の本を、結構読んでいます。


    ベンジャミン・フルフォードという、陰謀論の本ばかり書いているヒトがいて、まあ、ホントにガキの妄想の産物みたいなことを書いているなあ、と思っていたのです。
    でも、「イルミナティだけが知っている」と言う本を読んで、少し評価が変わりました。

    要は、「ローマカトリックが実は悪魔の教えで、ローマカトリックが『邪教』としている教えが、本当の神のことを伝えている」と言っているのです。

    ありがちだなあ、とも思うのですが、その理由は、要約するとこうです。
    「絶対神を祭らせる宗教は、全能の神の前に、無力な人間を服従させる。そんなモノが本当に人間にとって心の支えになるか?自分を成長させてくれる、慈愛に満ちた友人がいたとして、その人は、自分に跪くように要求するだろうか? そんなモノが神といえるだろうか? 本当の神は「自分の中に」存在するのだ」

    結構、ふるっているな、と。確かにその通りだ、と。そして、これって、結構「成功者」って言われる人が、自己啓発本とかで言っている内容に似ています。

    う〜ん、フルフォード、侮れず・・・。

    でも、これって、本当なんじゃないかと思います。

    神的な法則、ってのは存在すると思うけど、「人格としての神様」ってのは、それぞれの「人」なんじゃないかと。

    僕の家族も、恋人も(今、いませんが)、友達も、神様です。

    そして、今回ご来場くださった、お客様も神様です。

    「お客様は神様です」と言ったのは、三波春夫です。

    春夫も、侮れません・・・。

    ちなみに、今、確認で検索したら、オモシロい話が出てきたので、参考までに。
    http://www.minamiharuo.jp/profile/index2.html

    でも、本当に、お客様は、神様です。
    今回はご来場、ありがとうございました。

    次回は、2015年8月で決定いたしました!
    ぜひ、ご来場くださいませ。

    ありがとうございました。



    Eva主宰 小林由木
    | eva-magazine | 23:02 | - | - | - | - |

    Calendar

    1234567
    891011121314
    15161718192021
    22232425262728
    293031    
    << July 2018 >>

    Profile

    Search

    Category

    Feed

    Others

    無料ブログ作成サービス JUGEM

    Mobile

    qrcode