Entry: main  << >>
皆様、ご来場ありがとうございました!
0

    皆様、この度はEva公演「月と薔薇のブルース」にご来場いただきまして、誠にありがとうございました。
    Eva主宰、小林でございます。

     

    いや〜、本当に三田寛子の会見は完璧でしたね。

     

    さて、今回の作品を作るにあたって、一つ題材にしていたのは「陰謀論」というヤツです。

     

    まあ、都市伝説好きでない方でも、なんとなく聞いたことがあるかもしれない、いわく「この世界は
    フリーメイソンとか、イルミナティとかいうような、超大金持ちに支配されている!?」
    みたいな話です。

     

    結構、これが、なんとなくそんな気がするエピソード盛りだくさんのオカルトジャンルで、
    なかなか面白いんですが。

     

    お芝居に出てきた「ビルダーバーグ会議」というのはほんとにあって、ほんとに世界の金持ちと
    権力者が、なんだかわからないことを話し合っているようです。ググってみてください。

     

    「陰謀論」に言わせれば、「民主主義」というのも、旧王族と、当時新たに力をつけ始めた資本家が
    タッグになって作り上げた、新たな支配構造に過ぎない、ってことになっちゃう。

    まあ、歴史を紐解いてみても、そう思われるような節もあるんで、ほんとなのかどうなのか、判然としない。
    これがおもしろいところではあります。

     

    ただ、こういうことを言っているのは、庶民です。大金持ちは、あんまりそういうことは言わない。
    本当に彼らが支配者だから言わないのかもしれませんが、それはわからない。

    でも、とにかく、いずれにせよ、「私たちは支配されている」というのは、いつも支配されている人々が言う。

     

    中世ならいざ知らず、せっかく世界的に「人間は平等だ」ということが、少なくとも声高に謳われるようになったのに、
    「いやいやいやいや、私たちは支配されている」という話を作り上げる。「私たちは奴隷だ」と決めつける。
    究極の被害者意識です。

     

    そういう人間の愚かさも、少しテーマにしたつもりでした。

     

    で、そんな客観的に話している私も、社会的には結局は奴隷かもしれません。

     

    ただ、お芝居を作るときだけは、演じる時だけは、奴隷ではない気がします。
    ステージでは、誰にも支配はされていないから。

     

    だから、私はお芝居を、表現を続けると思います。

     

    誰も、誰をも縛れませんから。

     

    もし、そんな勇気を、お芝居を通して与えられていたら、僕自身も幸福です。

    今回は本当にありがとうございました。
     

    | eva-magazine | 01:10 | - | - | - | - |

    Calendar

          1
    2345678
    9101112131415
    16171819202122
    23242526272829
    30      
    << September 2018 >>

    Profile

    Search

    Category

    Feed

    Others

    無料ブログ作成サービス JUGEM

    Mobile

    qrcode